ジャマイカドッグウッドは、学名「Piscidia erythrina」 と呼ばれています。成分にフラボノイド、タンニン、アルカロイド、 植物酸、サポニン、タンニンを含みます。穏やかな鎮静作用、鎮痛作用がありますので、神経の高まりで眠れないときなど精神が緊張しているときなどのほか、神経痛や片頭痛、また、繊維筋痛症に効果的とされています。

催眠作用がありますので眠りを助けるハーブとしても知られ不眠症や、何かしらのストレスに対応するために天然の成分を使いリラックスをするできるハーブとして使用されることもあります。天然の鎮静剤と呼ばれ、筋肉や神経の緊張をほぐし、気持ちを穏やかにすることで知られる「バレリアン」の代用としても用いられます。

このほか、歯痛などに使用することもあります。また、南アメリカでは、葉と若い枝を粉末にして魚毒として使ったとされています。ジャマイカドッグウッドという名前の「ドッグウッド」と呼ばれている由来は、犬にノミが付いてしまうことを防いでくれる働きを持っているということから、この名前が付いています。

催眠作用があり眠気を催すので、運転をする場合は禁止です。また、心臓疾患のある人や妊娠中、授乳中なども禁忌です。また大量摂取はやめておきましょう。