生後まもない赤ちゃんが、なんだか今笑ったかもというような表情をすることがありますが、これは笑う前のほほえみとして実際は笑っているのではなく、ほほえみを浮かべているようです。生後3カ月前後になると表情も豊かになりうれしい時の笑顔が出てきます。

ですがあまり笑わない赤ちゃんと、いつも笑っている赤ちゃんの違いはなんでしょう。

赤ちゃんには、ほほえみが大切

泣いていたばかりの赤ちゃんも、「アーウー」と言いながら一人遊びが増えていくと、生後2カ月前後には機嫌のよい「快」の時間もふえていき、ひとりで楽しそうにしているようになってきます。3か月ごろには、満面の笑みを浮かべたりする時もありニコニコしてお母さんも見ることも出てきます。

赤ちゃんは生まれてたった数か月でにっこりとすることを覚えていきますが、赤ちゃんに微笑みかけたりお話をすることがなければ、赤ちゃんも笑顔の少ないまま成長していくことになります。

快と不快な気分

赤ちゃんの笑顔は、とても強力なパワーがありますね。つらいことや嫌なことなどがあっても赤ちゃんの笑顔に救われるものです。赤ちゃんのそんな笑顔をたくさん引き出してあげることができるように、赤ちゃんが喜びそうなことをいろいろと見つけていきましょう。

これから成長して大人になるまでにはさまざまな困難も待ち受けています。小さい時に楽しくこの世は素敵な場所だということを、赤ちゃんのうちから伝えているのとそうでないのとでは、これから赤ちゃんが育っていく過程でも大きな違いが生まれてきます。

できるだけ「快」の気分になれるような環境を作っていきましょう。といっても赤ちゃんが泣くことを阻止するのではなく、赤ちゃんが何か伝えたらそれを心地よくなるまで満たしてあげ「不快」なおしりの状態などを取り除いてあげるということです。赤ちゃんとのコミュニケーションをとりながら手助けしていきましょう。

にっこりできるものを見つける

例えば、赤ちゃんのベッドの上にモビールが飾ってあって、それをおもしろそうにじっとみつめていたり、絵本を読んでいて絵本の中の動物が出てくると喜んだりと赤ちゃんにとって、楽しいなと思えるものはたくさんあります。大人でも自分好きな物や好きなことをしていたら楽しいように、赤ちゃんにとっても楽しいことや好きなものをどんどん一緒にみつけていきましょう。

お母さんとのスキンシップや音楽やイラストなど、赤ちゃんがお気に入りになりそうなものはたくさんあります。にっこりとできるものが増えることで、愉快な気分になりやすくなりますし、何が楽しいことなのかが分かります。大人はいろんなことをみつけてあげましょう。

何か赤ちゃんがじっと見て夢中になっているものがあれば、一緒に共有しましょう。楽しいことおもしろいことを誰かと共有することは、共有した人との距離を縮めますね。親子で楽しい思い出をたくさん作りましょう。

自分でできることが楽しい

赤ちゃんは、お座りができ7~8か月ごろになると、お座りをしていて自分で倒れることを楽しんだり、くしゃみをして笑ったりと大人が笑わないようなことでも楽しそうにしたりします。これは、赤ちゃんが何かおもしろいことがあった場合です。自分が何かの行動をして何かが起こることが楽しいですし、新しいことがおこればそれがおもしろさにつながります。子どもから笑顔を引き出すのは簡単です。大人も一緒に笑って愉快な気分を引き出しましょう。

あらゆるものが笑い

子どもの心は冒険心に満ちています。さまざまなものがこの世で生まれてはじめての物なのです。そんなはじめてのもので遊んでいる時に不思議なもので、ふっと笑顔になれる要素がたくさんあるようです。何かをみつけてひとりでケラケラ笑ったり大きな声で笑ったりと大人もずいぶんと楽しい気分になります。

笑うと免疫力がアップ

笑うと、がん細胞や細菌など身体に悪い物質を退治してくれるリンパ球の1種であるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が活性化し免疫システムのバランスを整えてくれます。また、笑うことで脳内ホルモンのエンドルフィンが分泌され幸福感をもたらすことも分かっています。

細菌はがんを患ったらできるだけ楽しく前向きな生活をおこなうことでがん細胞を退治しようという試みもされており、落語のテープを聞いたり、ジョークを取り入れるなど楽しく過ごすことも大切です。人間の免疫力をあげるこの笑いを、赤ちゃんのうちから自然に取り入れることができると楽しい人生へのステップとなるかと思います。

子どもの純粋無垢な言葉にはっとさせられたり、子どもの笑顔に救われたりと子どもと過ごすことで発見できることはたくさんありますね。赤ちゃんの純粋無垢な笑顔には見ている大人も心が癒されにっこりするものです。赤ちゃんがいつも笑って過ごせるようにわたしたち大人も笑いを大切にして、日常生活でもほほえむことやともに笑うことを実践していきましょう。生まれたばかりの赤ちゃんにほほえみかけ笑いかけ赤ちゃんからの笑顔も引き出していきましょう。