赤ちゃんが胎児のうちに、赤ちゃんの部屋の環境を整えているお母さんも多いかと思いますが、もう一度、赤ちゃんにとっての望ましい環境を確認して、赤ちゃんが過ごしやすい場所づくりをしていきましょう。

赤ちゃんの生活環境を整えることは、育児がしやすくなるだけでなく、大人にとっても過ごしやすい場所になります。

気温と湿度について

赤ちゃんが快適に感じる気温と湿度は次の通りです。

  • 気温 夏26~28度、冬22~23度
  • 湿度 40~60%

赤ちゃんは、湿度の影響を受けやすく、低体温や高体温になってしまいますので、季節になった調整ができるようにしましょう。

赤ちゃんは、自分で体温調節をする自律神経がまだ未成熟ですので、自分でうまく体温を調整できません。成長していく過程で少しずつできるようになるのですが、大人がしっかりと調整してあげるようにしましょう。

夏場の注意

夏は、エアコンなしで過ごす人もいますが、できれば赤ちゃんにとって心地よいエアコンを利用して、快適な室温を保ってあげるようにしましょう。また、エアコンは、1年に1度夏場だけ使用する家庭も多いかと思います。

このような場合は、エアコン内部にホコリがたまり、結露がつくことでカビが発生している場合もありますので、フィルターはしっかり洗浄しましょう。

また、風があると体感温度は2度ほど下がるということもあり、扇風機も利用している場合もあるかと思いますが、扇風機は赤ちゃんの指が入ってしまうと大変ですので、念のため赤ちゃんのいる家庭は、扇風機のカバーをつけるようにしておくと安心です。カバーは、しっかりと外れないようにしておきましょう。

冬場の注意

冬は、寒さの厳しい場所でしたら石油ストーブを使用することもあると思いますが、石油ストーブは室内にある空気を使って燃焼するので換気には気をつけましょう。部屋の広さにより違いますが、1時間に1~2回は外気を入れて新鮮な空気を入れるようにします。

換気は2ヶ所以上に開口部があると効率良くできます。換気がしっかりされていないと室内の酸素が減少することで、不完全燃焼となり、一酸化炭素中毒になるおそれがあります。

また、電気ストーブやオイルヒーター、エアコンなどを使用しても冬場は空気が乾燥しがちですので、加湿を忘れないようにして快適な湿度を保つようにします。赤ちゃんがベッドの中で動き回ったり、ハイハイをして動くようになったり伝い歩きをするようならば、暖房器具の設置場所には十分注意をしましょう。

普段から「アチチだよ」「痛い痛いよ」などといって危険を知らせておくことも大切ですが、禁止されると余計に興味をもつ場合もありますので遊んでいて近くにある場合などは、そばを離れないようにしましょう。

加湿器は、加湿器自体にもカビが発生する場合もあります。まめに掃除をするようにしましょう。また、マンションなど気密性の高い部屋も壁などにカビが発生しやすいので、必要以上に加湿しないようにします。

空気清浄機の利用

ダニや花粉、PM2.5など、わたしたちをとりまく環境は、時期や季節、環境によってさまざまです。花粉症は日本に多いアレルギーでもありますし、ダニやほこりなどは環境によって違いもあります。PM2.5などは防ぎようもなく、外出する場合はマスクをするなどの対策をとることでしか防御できません。

また、場所によっては土埃や火山灰、工場の排気ガスなどもあります。あまり神経質になっても過ごしにくいですし、ハウスダストや花粉などのアレルギーは、同じ環境にいる家族でも違いがあるなど体質にもよります。ですが、産後の体力が回復していない時や新生児で心配な場合は、文明の利器である空気清浄機を利用しましょう。

産後はまめに掃除もできませんし、赤ちゃんもすぐ泣きますので空気清浄機があるととても便利です。すでにアレルギーのある大人が生活している場合は、フル活用しているかと思いますが、フィルターなどはしっかり掃除をするようにしましょう。

部屋の空気の調整

温度計や湿度計は、赤ちゃんの近くに置いておくようにします。できれば寝ている頭に近い部分に設置するようにしましょう。これは大人が感じている気温と赤ちゃんが感じる気温にはズレが生じるためです。暖かい空気は室内の上部にいき、冷気は下にいきます。大人が立っている高さとベッドにいる赤ちゃんでは違いがありますし、床で遊んでいればもっと違うことになります。

寝る前の赤ちゃん

眠たくなると赤ちゃんは、体温が高くなり、触ると身体がポカポカしています。エアコンを切っていても、夜などお母さんも一緒に寝る場合は、1~2時間で着れるタイマーなどにして入眠しやすくなるようにしましょう。エアコンの風は赤ちゃんに直接当たらないような場所で寝かせてあげましょう。

加湿器や空気清浄機など、時代とともにさまざまなものが開発され、わたしたちも便利に利用することもありますが、そればかりに頼るのではなく、時期や体調などに応じた使い方をすることで身体の健康を保てるといいですね。